五苓散(ごれいさん)の効能と飲み方

このホームページは、みやこ内科クリニックを受診された方が

・どんな薬か忘れた。

・どうやって飲むのか忘れた。

聞きに行きたいけどなかなか行けない

そんな時に思い出してもらうために作りました。

受診したことがない方は、参考程度に読んでください。


五苓散ってどんな薬?

夏こそにダイエットしたい。

そんな時こそ、漢方ダイエット。

タクシャ、チョレイ、ソウジュツ、ブクリョウ。

この4つの生薬は、とにかく水分バランスを整えてくれます。

「浮腫みを取る」

「トイレが近い」

「汗をかかなくて代謝が悪い」

「日中、仕事場で頭痛や肩こりが酷くなる」

これらの症状を東洋医学的に水毒(すいどく)と言います。

体内の水がバランスを崩している状態のことです。

また、五苓散には先に述べた4つの生薬に、ケイヒが含まれています。

このケイヒは、気を鎮める効果もあります。

頭痛や肩こりのイライラを抑えてくれる。

ストレスがたまると、食べたくなってしまいますよね。

それを抑えてくれます。


・体の水のバランスを整えて

・イライラを和らげる


これが五苓散の特徴です。


五苓散の飲み方は?

みやこ内科クリニックでの処方例です。


「仕事中にクーラーで冷える、接客でトイレに行けない」

→一日2回、朝・夕に好きな時間に飲んでください。

トイレの回数が増えずに浮腫みも改善が期待できます。


「ややお腹ポッコリ、仕事上飲む機会が多い」

→一日2回、飲む前・飲んだ後に飲めば。

二日酔い対策・浮腫み改善が期待できます。


「むくみを改善したいけど、授業や研修でトイレには行けない」

→一日2回、朝・昼で飲むと授業に集中できるようになります。

体のバランスを改善するだけですので、トイレが極端に近くなる可能性は低いです。

なお、本気で試したい方は、一日3回、好きな時間に服用すれば、理想の自分を手に入れることができるかもしれないです。


五苓散を服用したい方は、必ずかかりつけ医に受診してから飲んでください。


※ここに書いてあることへの電話等での問い合わせは受け付けていません。


みやこ内科クリニック

お医者さんがどうやって漢方薬を使っているか知りたい方へ

0コメント

  • 1000 / 1000